サウジアラビア石油施設攻撃で消費税増税前の日本への影響は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース

サウジアラビア政府の発表で、14日にサウジアラビア東部の国営石油会社(サウジアラムコ)の関連施設2ヶ所が、無人のドローンによる攻撃を受け、

国内の原油生産量の約半分、日量570万バレルが減少したそうです。

これは全世界の原油供給の日量の5パーセントにも相当するとのことです。

不足分は備蓄しているもので補う方向とのことです。

犯行は、イエメンの親イラン武装組織フーシ派自ら声明を出して行ったと言われてますが、

米ポンペオ国務長官は「イランからの直接の攻撃」と非難しているようです。

この影響で原油価格は高騰する見込みです。

スポンサーリンク

原油価格高騰日本への影響は?

原油の高騰と聞いて真っ先に思い浮かぶのはガソリンの価格ですが、

ガソリン以外にも、原材料などの高騰による日用品の値上げ、家計が圧迫されたり、企業の収益にも影響が出る可能性もあります。

アメリカが石油備蓄の放出を準備すると言うことで、急激な上昇には歯止めがかかったそうですが、油断はできません。

消費税増税前のタイミングということもあり、これ以上の物価の上昇は勘弁して欲しいです。

以上、サウジアラビアの石油施設攻撃による影響を考察してみた記事でした。

最後までお付き合いくださってありがとうございます。

出典元:Twitter NHKニュース、{㋗|㋶}、しわう、にこそく

まっつんの映画とエンタメブログ

タイトルとURLをコピーしました