スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉本興業が旧体制(岡本社長・大崎会長)新体制(松本人志・加藤浩次)で分裂危機!?

スポンサーリンク

数日前まで、雨上がり決死隊の宮迫博之さんとロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが謝罪会見を行い、

それに伴う、吉本興業との契約解除騒動になっていた訳ですが、

昨日、状況は一転して岡本社長が緊急会見を開き宮迫さんの処分を撤回し、亮さんの処分も検討していく方針というコメントを出しました。

そうなった経緯としてはダウンタウンの松本人志さんが動いたことが大きな要員です。

宮迫さんと亮さんの謝罪会見後に男気ツイート

その日の深夜に東野幸治さんと共に、岡本社長、大崎会長の元で直談判を行ったそうです。

翌日放送のワイドナショーでも、急遽放送内容を差し替えて生放送で謝罪会見のVTRを流し、それについて意見をするといった内容になりました。

謝罪会見を見た松本さんは

「僕の知らなかったことが多すぎて、だまされた気になった。ここまで追い込んだ、信頼関係がない会社はよくないし、吉本興業がこのままでは壊れていくという危機感を持った」

とコメント、更に今回の騒動を当初「静観する」としていた会社側の対応はまずいと、岡本社長に会社の体質を変えるように話をして、会見する事を促したそうです。

また、間違いを起こした若手の為に

「吉本興業内に、もう一つ松本興業じゃないですけれども、僕の部署を作ってくれ。やらかした子達、イエローカードの子達を俺が引き取るから」

とも話していました。

これを聞いた時は「まっちゃん凄いなぁ!」

って思わず言ってしまいました(笑)

明石家さんまさんも松本さんと同じような事を言ってたみたいです。

番組内でも岡本社長の謝罪コメントのVTRがながれ翌日会見を開くといった趣旨の事を言ってました。

岡本社長の会見に批判殺到!

多くの人が注目をする中

松本さんの助言でようやく会見を開いた感もある岡本社長ですが、内容としては宮迫さん亮さんの処分に関しては

「ああいう記者会見させてしまったことに関しまして、2人に対して深くおわび申し上げます」

と、頭を下げ謝罪をし、処分を撤回する意志を表明しました。

宮迫さんと、亮さんの謝罪会見で発覚した、やり取りで「テープはとってないだろうな?」という言葉に対しては

「冗談のつもりで言ったらまったく受け入れられず、笑われることもなかった」

とコメントをしました。

更に。「謝罪会見をしたら連帯責任でクビにするという」

パワハラとも取れる発言に関しても、親が子を叱るつもりで言ったと

何とも釈然としない言い訳がましいコメントでした。

また、自らの保身の為に2人を避難する言い回しもあったり、全ての質問に対する回答が企業のトップの会見とは思えないものでした。

SNSでも会見を見た芸人の批判が殺到しました。

岡本社長会見後の芸人達の反応は?

会見を見た芸人さん達も、ここで言わなければと思ったのか、SNS上では岡本社長批判が殺到しました。

特に極楽とんぼの加藤浩次さんは、「スッキリ」の番組内で、会見での岡本社長のコメントに「まだ嘘があり、誤魔化している」と怒りをあらわにしました。

https://twitter.com/zodos666/status/1153453131046379520?s=19

また、

今、(吉本の)経営側が絶対変わらないとダメ。僕はこの状況が変わらないなら、僕は退社します。昨日ずっと考えていて…そう思いました。意見するような形になって申し訳ないんですけど、そういうつもりでいます。ここまでずっとみんな我慢して、頑張ってやってきてて、こんな浮かばれないことがこの会社で起こってんだよ」

と、吉本興業の旧体質についても批判しました。

また、会見では辞任の意思は示さなかったものの岡本社長はスッキリでの加藤さんの話を受けて、ミーティングを行うことを発表しました。

おそらく、辞任するかしないかそのあたりも含めた話し合いになるのではないでしょうか

また、先程、加藤浩次さんが吉本興業東京本社で大崎会長と話し合いをしているという情報もあり、まだまだこの騒動は跡をひきそうです。

吉本内部の社員の人も

「芸人と反社勢力の関係について、会社は最近やたらと“コンプラ”“コンプラ”って言ってますが、社員の長時間のサービス残業が当たり前になっている件については放置されたまま。経費精算する時間もない。“何がコンプラですか”という感じです」

「夜遅い時間に会社(=吉本東京本社)に来たある芸人さんが、『社員みんな疲れて死にそうな顔で、すれ違っても挨拶もしない』『吉本なのに笑いゼロ』と言っていましたが、残業代も出ないで安い給料でこれだけ働かされれば仕方ない」

というコメントで完全にブラックな体質ですし

騒動の発端になった反社会的勢力との会合も、宮迫さんの話では吉本興業の別イベントのスポンサーと同じだったから気づかなかったという話もあり、

吉本興業自体がそういった繋がりを隠しているのではとも言われています。

松本さんや、加藤さんが言うように体質改善をしなければ行けない時期に来ているんでしょうね。

ただ、松本さんと加藤さんとの決定的な違いは岡本社長や大崎会長に対する考え方で

松本さんはマネージャー時代の義理などもあり歩み寄る形を求めているのではと思います。

対する加藤さんは、社長や経営陣が変わらなければという考えなんで、そう言った意味では吉本興業分裂の危機もあるのではないでしょうか。

*追記

先程、大崎会長との面会を終えて帰宅した加藤さんは、取材陣の質問に無言で、ただ「明日の番組で話すのですか?」という質問には「はい」と口元にかすかな笑みを浮かべつつ答えたそうです。

どうなるんでしょうね。

以上、宮迫博之さん田村亮さんの謝罪会見からの吉本興業の一連の動きをまとめた記事でした。

それでは今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。