スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジャニー喜多川が死去お別れ会や今後のジャニーズ事務所社長は?

スポンサーリンク

7月9日、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のためこの世を去りました。

享年87だったそうです。

ジャニー喜多川さんは6月18日11時半ごろに自宅で体調の異変を訴え、病院へ向かおうとしたところ意識不明になり救急搬送され

集中治療室で救命措置を行い、一般病棟へ移っていました。

その後、ジャニーさんを所属タレント達が入れ替わりでお見舞いしていたそうです。

危険な状態に陥ると、家族で”子供”でもあるタレントたちが呼びかけると容体が回復したこともあったようです。

最後は最愛の子どもたちに見守られながら、2019年7月9日午後4時47分に息を引き取ったそうです。

ジャニー喜多川お別れ会は?

葬儀や告別式は家族葬という形式で所属タレントのみで執り行われることになってます。

一般のファン方は、お別れ会という形で後日執り行われます。

はっきりとした、日程や場所は分かりませんが、著名な方のお別れ会は青山葬儀所になるのではないでしょうか。

もしくは一部の情報でアリーナクラスの場所で盛大に行われるという噂も出てるんで急遽ファンだけのイベントのような形式になるかも知れませんね。

今後のジャニーズ事務所社長は?

昨年秋に現役を引退し、「ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意思を継ぐ」

と言う思いで今年1月にジャニーズ事務所の子会社・ジャニーズアイランド社長に就任した滝沢秀明さんと、

今後、ジャニーズ事務所の新社長として就任の可能性の高い、ジャニー喜多川さんの姪のジュリー副社長らが、

ジャニーズ事務所新体制をつくっていく見込みです。

残された”子供”たちにジャニー喜多川さんの意思が受け継がれていくことだと思います。

今年8月の東京ドームでの一大イベントはきっとひと味違うのではないでしょうか。

日本の一大カルチャーを築いたジャニー喜多川さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

という訳で、ジャニー喜多川さんのお別れ会や、今後のジャニーズ事務所の社長や、新体制はどうなっていくのかという記事でした。

それでは今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。