スポンサーリンク
スポンサーリンク

市販の液体のりに白血病治療に有効な成分!?発見までの経緯は?

スポンサーリンク

白血病治療に新たな希望の光が見えてきました。

白血病の治療と言えば、骨髄移植手術や放射線治療や抗がん剤の投与が、これまでの常識でしたが、

今回、発見されたのは白血病の治療に有効な成分で、アメリカのスタンフォード大学と東大などの研究チームによって発見されました。

白血病治療に有効な細胞とは?

白血病の治療での骨髄移植には、白血球や赤血球を作るのに必要な造血幹細胞という細胞が必要で、この細胞を培養するには高価な培養液が必要です。

白血病治療に有効な液体のりの成分が発見された経緯は?

今までは、細胞を培養するのには牛の血清成分やアルブミンが使われていたそうですが高価で、0.5リットルで数万円の高価な培養駅でも培養が難しいということもあり、

安価で同じような成分を持つ代用品として液体のりに含まれる成分が着目されたようです。

液体のりにはその培養液の成分に近いポリビニルアルコール(PVA)が含まれていて、マウスの実験でも造血幹細胞の増殖に成功しています。(因みに成分が入ってればのりのメーカーさんはどこでも良いと思われます。)

この実験から人の造血幹細胞にも応用が期待されてます。

小児の移植手術の際などに合併症リスクが軽減され安全な処置ができると共に、幹細胞治療や再生医療への応用が期待されてます。

医療の現場で早く実現されてほしいですね。

以上、液体のりに造血幹細胞を培養するのに有効な成分が発見されたという記事でした。

それでは今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。

関連記事

競泳女子の池江璃花子選手が自身のTwitterで白血球にかかっていたと衝撃の告白をしました。 現在、入院中とのことですが、それを受けて...