岩崎隆一(川崎殺傷事件)とはどんな人物?小学生時代も人を刺していた!?画像も流出!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース

川崎市多摩区登戸で28日、朝の通勤通学の時間帯に50代の男性が19人を殺傷するショッキングな事件が起こりました。

小学6年生の栗林華子さん39歳の外務省勤務の小山智史さんの2人が当初、心肺停止状態でしたが亡くなりました。

亡くなった2人のほかにも40代の女性や児童2人も重症、残る14人もケガをしているとのことです。

犯人(川崎市麻生区の岩崎隆一容疑者(51)も犯行後に自ら首を刺し、身柄を確保されるも死亡しました。

事件の朝、岩崎隆一容疑者は登戸駅近くのカリタス学園行きのスクールバスのバス停付近で、持っていた刃物でまず小山さん、続いて40代の女性を、その後バス停で待機している児童の列を襲ったとのことです。

その間わずか10数秒で、包丁を持ち無言で襲いかかられた栗林さんら児童たちはパニックになったことだと思います。

自ら首を刺しその後死亡した岩崎隆一容疑者ですが、目撃者の証言では大柄で坊主頭だったと言います。

一体どんな人物なんでしょうか?

スポンサーリンク

岩崎隆一どんな人物

19人を殺傷しその後自ら命を絶った岩崎隆一容疑者ですが、犯行現場の登戸駅の多摩区の隣、麻生区に叔父、叔母夫婦共に暮らしていることが明らかになりました。

隣に住む女性の話では、「伸びた枝の葉っぱが当たった」などトラブルもあったようです。

朝の6時頃に女性宅のインターホンを何度も鳴らしたうえ、「庭の木の葉がフェンスから飛び出し、道を歩いていた自分に当たった」

と対応した女性の夫と30分程口論になったこともあり、「いつか何かされるかも」と不安だったとも

また、岩崎容疑者は小学校入学前後に伯父夫婦に引き取られていて、近隣住民には「複雑な境遇で育った子」として知られていたそうです。

幼少期を知る男性は「まだあどけないのに、かわいそうだなと思っていた」と話す一方で、「他人の家に勝手に入り込み、金魚鉢をのぞくような変わった子だった」とも言ってます。

 近隣住民によると、10代後半で家を出たが近年また戻っていて、近くに住む主婦は事件の数日前に1人で買い物から帰ってくる姿を目撃し、「すっかり白髪が増えて、猫背でうつむきながら歩いていた」と話してます。

岩崎隆一小学生時代にも人を刺していた!?

また、小、中学時代の同級生の証言には、怒りやすい性格だったとも言われていて学校で暴れたり、からかわれたりされて、小学生時代には同級生を鉛筆で刺したこともあり、しばらく芯が残るほどの傷になっていたそうです。

カッとなると何をしでかすか分からない性格は生まれつきだったのかも知れませんね。

確かに私の中学時代の同級生にもカッとなりでバカにした人の後頭部をシャーペンで半笑いで数回、刺していたヤツいましたが、ゾッとします。

今どうなってるんだか。。

Twitter / ?

家庭環境は恵まれてるとは言えませんが、それを引きずって仕事で上手く行かなくなったとしても、何かでカッとなったにせよ、無差別に人を殺傷することは許されません。

「他にやることねぇのかよ!」と思います。

登戸なら多摩川近いから、土手で考え事なんかすれば良かったのに。。

今となっては犯行のハッキリとした動機も分からず、後味の悪い事件ですね。

以上、川崎で起きた無差別殺傷事件の犯人、岩崎隆一容疑者に関する記事でした。

それでは今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。

最後に、亡くなった方のご冥福を心よりお祈りいたします。

まっつんの映画とエンタメブログ

タイトルとURLをコピーしました