首をひねって脳卒中に!?ジョシュ・ヘイダーさんの体験が怖い!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類

普段、何気なくやってしまう人もいる首をひねって骨をポキッとならす行為、あの音が何とも気持ちよかったりするんですが、

今回、アメリカで首をひねってポキっとならした男性、ジョシュ・ヘイダーさんがならした直後に左半身が麻痺しはじめ
氷枕を取りに台所に向かおうとしたところ、まっすぐ歩くことができず、どうしても左約45度の方向に進んでしまったそうです。

その後、緊急救命室に入り、血栓を溶かす薬を投与された、規模の大きなマーシー病院に転院し、集中治療室で4日間を過ごした後、さらに入院治療を受けたそうです。
マーシー病院で治療に当たったバンス・マコロム医師は「音が鳴った際、首の骨につながる動脈が破裂してしまった」と解説したようで、

「ポキっ」どころか「ブチッ」とやってしまった訳ですね。

怖すぎる。。

搬送されてきた際、ヘイダーさんは麻痺や、物が二重に見える複視などの症状があった為、血管を撮影したところ動脈に損傷が見つかったそうです。

この事故が起きたのが3月14日で、現在リハビリを経て歩行など自立した生活を送ることができているそうですが、

前よりずっと疲れやすくなって、体の左側が少し痛むし、以前より重く感じられる、前ほどは自由に動かせなくなったとも

また、しゃっくりが止まらなくなるという奇妙な症状にも見舞われた「卒中後2週間しゃっくりが止まらず、しまいには数秒間息をすることも難しくなった。怖かった」と語っているようです。

確かにそれは怖い。

今後、回復すれば良いのですが。。

また、こう言った事例は他にもあって最悪のケースは死に至ることも、ロサンゼルスのトップモデルの女性がカイロプラクティックで施術後、若干の痛みがあったようですが、

症状が軽かった為に気付かずその後、数回の施術を施し突如割れるような頭痛に襲われ病院に搬送されるも亡くなったそうです。

今後、首をならすのは控えよう、いや止めようと思いました。

皆さんもくれぐれもご注意ください。

それでは今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。

スポンサーリンク
未分類
matsutrendをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド探訪記

コメント

タイトルとURLをコピーしました