スポンサーリンク
スポンサーリンク

池袋で高齢者運転による10人を巻き込む最悪の交通事故に!法律見直しの声高まる

スポンサーリンク

本日19日の午後0時25分ごろ、豊島区東池袋の路上で、87歳の男性が運転する乗用車が横断歩道を自転車で渡っていた男性や親子をはねたあと、交差点でごみ収集車に衝突し、横断歩道を渡っていた歩行者を次々に巻き込みました。

IMG_20190419_194535

IMG_20190419_194558

警視庁によると、この事故で10人が病院に搬送され、このうち自転車で横断歩道を渡っていた31歳の母親とうしろの座席に乗っていた3歳の女の子が死亡したとのことです。

これまでの調べで、乗用車は最初にガードレールに接触する事故を起こし、70メートル先の横断歩道で自転車の男性1人をはね、その後、70メートルほど先にある横断歩道で死亡した親子をはねたということです。

IMG_20190419_194356

IMG_20190419_194512

IMG_20190419_194518
さらに交差点を曲がろうとしたごみ収集車に衝突し、そのはずみで横断歩道を渡っていた歩行者4人を次々に巻き込んだということです。

現場にはブレーキ痕はなく、車のドライブレコーダーの記録などから、赤信号を無視して横断歩道や交差点に進入したとみられるということです。

運転していた87歳の男性は、調べに対し「アクセルが戻らなくなった」と説明しているということで、警視庁は、けがをしていることなどから、逮捕はせず任意で事情を聴くことにしているようです。

事故を起こした乗用車には、運転していた87歳の男性とともに、80代の妻が乗っていました。

また、車のドライブレコーダーには事故の前後のやりとりが残されていたということです。

それによりますと、乗用車はガードレールに接触する前にカーブをスピードを上げて走っていて、妻が「危ないよ、どうしたの?」と声をかけていました。

男性は「どうしたんだろう」と答えたものの、乗用車はその後もさらにスピードを上げていったということです。

その後、乗用車はガードレールに接触し、さらにスピードを上げて横断歩道を渡っていた親子などをはね、立て続けに事故を起こしたということです。

IMG_20190419_194523

故のあと、男性は救急車が到着するまでの間に息子に携帯電話で連絡していて、その際、「アクセルが戻らなくなって人をいっぱいひいてしまった」などと、動揺しながら話す音声が残されていたということです。

事故現場近くの防犯カメラには、19日正午すぎ、事故を起こしたとみられる車が猛スピードで走る様子が写っていました。

目撃者の話では100キロ位出てたのではとも。。

映像では、自転車が横断歩道を渡っている際に、シルバーの乗用車が猛スピードで横断歩道を走り抜けていき、その後、横断歩道に倒れた人を助けようとする人や、事故に気づいて近寄っていく人たちの姿が確認できたとのことです。

場所と時間からして人通りも多いことから最悪の交通事故になってしまいました。

参照元:NHK首都圏NEWSWEB

このニュースを受けてのネットでは当然こういった反応が

「高齢者の運転する楽しみは!?」「自分はまだ大丈夫」という思いや過信が、今回起きた事故を招いてしまってるのは事実なんで、

警視庁の統計によると70代以上の運転による事故の割合が増えているとも言われてますし

法律で見直すのが得策ではないでしょうか。

亡くなった女の子とお母さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

それでは今回も最後までお付き合いくださってありがとうごさいます。