スポンサーリンク
スポンサーリンク

小川彩佳NEWS23メインに抜擢!?雨宮塔子とダブルキャスターの噂も!?

スポンサーリンク

先頃、一般男性との結婚を機にテレビ朝日を寿退社すること(圧力との噂もあります)を発表した小川彩佳アナウンサーですが、

関連記事

テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが結婚を発表しテレビ朝日を退社しフリーになるということでネットは騒然としています。 小川彩佳アナウンサ...

images-57

現在就任中の「AbemaPrime」を3月いっぱいで卒業して4月からフリーとして活躍するということが話題になってますね。

その小川彩佳さんにTBSの報道番組「NEWS23」のメインキャスター就任が濃厚になってきているとの噂が浮上してきました。

小川彩佳NEWS23のメインキャスターに抜擢!?

テレビ朝日「報道ステーション」を降板した後退社の時期は未定ですが、4月以降はフリーのアナウンサーとして活躍する移行の小川彩佳さんに、

真っ先に白刃の矢を立てたのがTBSとの噂が上がっています。

ベテラン芸能記者の石田春男 氏によると、TBSでは現在、吉田明世アナが1月末で退社し宇垣美里アナも3月いっぱいでの退社を発表済みとのことで、

アナウンサーが不足している上に視聴率も低迷しているということもあり、他局を退社したフリーのアナウンサー獲得に力を入れているようです。

そんな理由もあって4月からフリーになり、人気のある小川彩佳さんを獲得して番組改編期の4月もしくは9月に合わせて「NEWS23」に器用するのではと言われています。

小川彩佳「NEWS23」で雨宮塔子とのダブルキャスターも!?

もし、噂が真実だとすれば現在メインを務める雨宮塔子アナウンサーの立場はどうなってくるのかも気になりますね。

これに関しては一部では降板ともダブルキャスター体制とも言われてるんでまだ何とも言えないですね。

ネットの反応も様々です。

  • これは現役のTBS女子アナからしたらたまったもんじゃないだろうな

  • cmn*****

    |

    意外に色々と切り替えが早いタイプだったのね。

  • so9*****

    |

    海外に子供置いて帰ってきた雨宮さんには他の番組とかでそれなりのポジション与えるんだろうが厳しい世界だね。

  • tos*****

    |

    Ameba左遷が相当屈辱だったんだろう

  • 傍観者

    |

    首を切られた報道ステーション、元彼が出演するZEROとの対決、楽しみです。。

  • roc*****

    |

    これは寿退社とは言わないと思う。周りが勝手に言ってるだけか。

  • ham*****

    |

    同時間帯の競合番組への起用を承諾するとは、よほどテレ朝がキライだったんだね。
    あと新婚なのに23時からのレギュラーだと、平日はサラリーマンの旦那とは生活がすれ違いになりますね。
    お相手が本当に一般人ならですが。

  • mi*****

    |

    ややこしい…

    やる事変わらないのに、会社変わるだけって観ている方が混乱するわ。

    まぁ、テレ朝に不満があったんでしょうね。

    雨宮さんはどうなるの??

  • vfr

    |

    Abema TVの番組を担当してたけど、真面目に報道を取上げたい気持ちがあるんだろう。確かに若手なら多少、ちゃらんぽらんでもいいけどこの人クラスなら真剣に仕事をしたいと納得できないのかも。個人的な意見ですけど。

  • ken*****

    |

    テレ朝も大打撃だな。
    報道のエース小川アナの退職と、オールマイティーでエース格の宇賀ちゃんが同時に退職するからな。
    本当に痛いと思う。

    また、小川アナがTBSの情報番組のメインキャスターを務めるとは、TBSのアナウンサー陣で情報系の番組を任せられる人居ないんだろうな。
    まあ、人気があって情報系のエース格の女子アナは今現在TBSに居ないのが現状なんだろうな。

    TBSはもっともっと番組のキャスターを自社のアナに任せるべきだと思う。芸人だとかジャニーズとかに任せ過ぎ。特に女子アナは、ひるおびの江藤アナ位しかアシスタントMCしていない。
    あさちゃんも夏目だし、ビビットも真矢さんだし、もっとアシステントMCとかMCを女子アナに経験積まさないと、フリーアナに取られてしまうぞ!!
    TBSの教育方法が誤っていると思う。

それだけ人気者なんでしょうね。

今後の動向に注目ですね。

以上、小川彩佳アナウンサーがNEWS23に抜擢されたとしたらどうなるのか世間の反応なども交えてまとめてみた記事でした。

それでは今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。