宮沢氷魚は見た目が父親の宮沢和史そっくりで歌も上手い?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ

モデルや俳優として活躍中の宮坂氷男(みやざわひお)さん、来年1月19日の土曜ナイトドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」の鈴谷昴役も決定するなど、2019年ブレイクしそうな1人なのではないでしょうか。

そんな宮沢氷魚さん、父親がTHE BOOMのボーカリスト宮沢和史さん、「島歌」が有名ですね。

母親もタレントの光岡ディオンさんという二世俳優でもあります。

今回は宮沢氷魚さんの見た目が父親の宮沢和史さんそっくりなので、もしかして歌声も似てるのでは?と思い調べてみることにしました。

宮沢氷魚さんの簡単なプロフィールです。

宮沢氷魚

本名 宮沢氷魚(みやざわひお)

生年月日 1994年4月24日

出身地 アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ

身長 184cm

職業 モデル・タレント・俳優

学歴 国際基督教大学卒業

趣味 野球・釣り

特技 陸上・クロスカントリー・野球・サッカー

本名が氷魚(ひお)さんなんてカッコいいですよね。

女性の名前でも、可愛いのではないでしょうか。

名前の由来は、釣り好き宮沢和史さんが琵琶湖の特産で有名な氷魚(鮎の稚魚)から来てます。

氷魚は体が透明に透き通ってとても綺麗でそういうも綺麗で純粋な心を持って欲しいという思いと

氷魚は氷の張った冬の湖でもたくましく生きることができて、たくましく生きて欲しいという思いも込められているそうです。

そんな独特なセンスを持った父親の宮沢和史さんのライヴを観たことがきっかけで、芸能界に興味を持ちアメリカ留学中に自身でレプロエンタテインメントに履歴書を送ります。

その後2015年に「MEN’S NON-NO」オーディションでグランプリを獲得し、同年9月から同誌でモデルデビューを果たします。

当初から俳優を目指していた氷魚さん、2017年にドラマ「コウノドリ」で赤西吾郎役として俳優デビューし、話題になりました。

俳優やモデルとして活躍中の宮沢氷魚さんですが、父親がTHE BOOMの宮沢和史さんということで、どうしても歌の方も上手いのかということにスポットを当ててしまいます。

また、見た目がそっくりなんで歌声も似てるのか気になってしまいますね。

若い頃なんか瓜二つですね。

スポンサーリンク

宮沢氷魚は宮沢和史にそっくりで歌も上手い?

ということで、早速調べてみました。

気になる歌の方ですが、あるラジオ番組でゲスト出演した際に本人が語った話では、

あまり歌は上手くないんですよ

音域が狭く高い声が出せなくて、島歌はAメロまでしか歌えない、サビまで歌えないんですよ。

カラオケで友達にTHE BOOMの曲を入れられてもイマイチで最終的にはマイクを回収されるんです(笑)

笑い話になってました。

流石にミュージシャンとしてプロでやっている宮沢和史さんと比較してしまうのがそもそも間違いなんでしょうね。

ボイストレーニングだってしてないでしょうから高音が出なくて当然ですよね。

普通には歌えるじゃないでしょうか。

歌ってる動画でもあればと思ったんですが、なさそうです。

ゴメンナサイ

参考になるかわかりませんが、話してる声を比較してみました。

微妙に氷魚さんの方が高い気もしますが親子なんで似てますよね。

当たり前か(笑)

きっと年を重ねると宮沢和史さんのように渋みが出てくるじゃないでしょうか。

以上、宮沢氷魚は父親の宮沢和史そっくりで歌に関しては氷魚さん曰く歌はそれほど上手くないということでした。

それでは今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。

スポンサーリンク
テレビ芸能
matsutrendをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド探訪記

コメント

タイトルとURLをコピーしました