アライグマ見つけたらどうする?万が一の時の対策を調べてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物

ここ数年、餌不足の為か人間の生活するエリアに動物が出没するようになりました。

先週、名古屋市の中区でも3匹のアライグマが出没して1匹の子どもと見られるアライグマは捕獲出来たものの

残りの2匹は未だに逃走中とのことです。

もし、アライグマを見つけたらどうしますか?

可愛いんでうっかり近づいてしまいそうですが、色んな意味で厄介なんで止めておきましょう。

スポンサーリンク

アライグマ見つけたらどうする?

現在、逃走している名古屋で目撃されたアライグマ以外にも、日本各地で目撃されているアライグマ、

その繁殖力の高さも出没率の高さの原因にではないでしょうか。

そんなアライグマにもし出会ってしまったら注意が必要です。

と言うのも、アライグマは可愛い見た目とはうらはらに、気性が荒く不用意に近付くと襲われることも

また、野生のアライグマは病原菌寄生虫をたくさん持っていて狂犬病やアライグマ回虫症を媒介します。

狂犬病は噛まれた傷口から感染すると100%死に至る恐ろしい病気です。

回虫症も視力障害や脳障害を引き起こし死に至る場合もあるとのことなので注意が必要です。

アライグマ駆除は勝手にやってはいけない

また、その他に厄介なのが駆除をするにも特定外来生物なので法律に沿った駆除をしなければならず、

勝手に、運搬や駆除をすると最悪の場合3年以下の懲役または300万以下の罰金に処されます。

もしアライグマを見つけたら近寄らず自治体や専門の業者に連絡するのが良いでしょうね。

まとめ

今回のアライグマ騒動も、もしかしたら、ただ見た目が可愛いからと飼育したあげく面倒を見れず、

捨てられたアライグマが増えた結果の出来事なのかも知れないと思うと少し複雑ではありますね。

それでは今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。

スポンサーリンク
動物情報日常
matsutrendをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド探訪記

コメント

タイトルとURLをコピーしました