鈴木光(東大王)おすすめの勉強法や教養を身に付る意味とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ
東大生と芸能人の頭脳バトルクイズ番組「東大王」の人気も定着してきましたね。

 

 

そんな東大王の紅一点「スタンフォードが認めた才媛」こと鈴木光さん、

今回は、鈴木光さんのおすすめの勉強法や教養に関しての彼女なりの考え方をまとめてみました。

スポンサーリンク

鈴木光(東大王)おすすめの勉強法は?

この方法は実践されてる方も多いんじゃないでしょうか、

時間を区切り、1時間なら1時間で設定してタイマーをセットして、鳴るまでの間は集中して勉強すると言うものです。

確かにこれは集中できるんですよね。

効率も上がるし、

ブログの記事を書くのにも良いんじゃないでしょうか。

勉強法もさることながら、学びに対する姿勢が素晴らしいですね。

鈴木光(東大王)の教養を身に付ける意味とは?

ある雑誌で鈴木光さんが語っていて凄く共感したんですが、

教養を身に付けるとは「自分とは違う価値観に触れ、そこから得た経験から新たな奥行きのある世界を広げること」と言う意味合いのことを言ってました。

確かに、鈴木光さんの経歴を調べると幼少期からインターナショナルスクールでグローバルな価値観に触れ、

そこから英語を学んで資格を取ったり、一番の経験は鈴木光さん本人も語ってますが、

高校時代に日本代表として参加した「アジア太平洋青少年リーダーズサミット」なのではないでしょうか

 

様々な国の人達の価値観や考え方に触れて、そんな中で自分達の国の事をプレゼンテーションするといった経験は

後のスタンフォード大学の教育プログラムでの論文や、東大の推薦入試の論文で役立つことになったようです。

 

そして、 現在の東大王としてのクイズ番組に出演する事も、新たな知識を得るとともに芸能界で様々な価値観を得ることに役立っているのではないでしょうか。

まとめ

その時々で興味を持ったことに飛び込んでそこで得た知識や経験を、次の新しい何かに活かす。

その繰り返しを、若干20歳の女子大生に教わった気がします。

今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。

関連記事

「東大王」の「クイズノック」とは?メンバーは?顔画像やプロフィールを調べてみた
TBSのクイズ番組「東大王」から生まれた東大王チーム、そのメンバーの「東大最強の知識王」こと伊沢拓司さん 彼が中心となって立ち上げたウェブメディア<「QuizKnock(クイズノック)」が個性的で面白いんで記事にしてみました。 Q...
紀野紗良(東大王)がかわいいと話題に!ひらめき力が凄いけど性格は天然!?
テレビでもすっか馴染んできた感もある「東大王」ですが、3月で伊沢拓司さんはメンバーを卒業して新たなメンバー(候補)紀野紗良(きのさら)さん林輝幸(はやしてるゆき)さん砂川信哉(すながわしんや)さんの3名が加入され、伊...
タイトルとURLをコピーしました