2019年部分日食は1月6日に 東京での見えかたや時間 天気は?日食の種類も調べてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
情報

天体現象って気になる人って多いですよね?

そんな天体現象のひとつ日食、日食にも種類があって比較的起こりやすい部分日食が来年1月早々めでたく起こるそうなんで調べてみました。

スポンサーリンク

2019年部分日食は1月6日に

来年最初の天体現象が部分日食で1月6日に起こるようです。

太陽の一部が月で隠れる現象で、日食の中では比較的お目にかかることができる現象です。

とは言っても天候や住んでる地域の関係で数年に一度の確率なんで次のチャンスは逃せませんよね。
しかも、お正月休み最終日の日曜の朝という絶好のタイミング!
家族揃っての部分日食観測なんて素敵ですね。

部分日食東京での見えかたや時間 当日の天気は?

東京

食の始まり8:41 最大食 9:57 終わり11:23

になります。

最大食はおそらくこんな感じではないかと

太陽の4割程がかけて見えるようですよ。

今回の部分日食、日本全国で見られるとのことですが、北に行くほど食の欠けが大きくなるみたいですよ。

気になる当日の天気はどうなんでしょうか?

先週の予報では晴れマークなんで「良かった~」と思ってたんですが、

今日確認したら曇りマークでもしかすると雪の可能性が!( ̄▽ ̄;)

 

再度、予報チェックしたら太平洋側は概ね晴れる見込みです。

 

日本海側は曇りがちですが、日食の時間が長く曇りでも見れる可能性が高いようです。

 

ただし気温がグッと下がるみたいなんでバッチリ寒さ対策をしてから観測ですね。

 

因みに他の地域の時間も調べてみました。

沖縄那覇

食の始まり 8:50 最大 9:39 終わり 10:32

福岡

食の始まり 8:37 最大 9:48 終わり 11:04

京都

食の始まり 8:40 最大 9:57 終わり 11:23

仙台

食の始まり 8:44 最大 10:09 終わり11:42

札幌

食の始まり 8:46 最大 10:13 終わり11:47

部分日食以外の日食は?

太陽の一部が月に隠れるのが部分日食ですが、

太陽の全部が隠れる皆既日食や、太陽が完全に隠れず外側が線上に見える金環日食などがあります。
そもそも日食は、地球と太陽と月が一直線に並んだときに太陽の光を月が隠す現象で

この現象が地球と月との距離が近い時に起きれば皆既日食になり

地球と月の距離が遠ければ太陽よりも月が小さく見える為、金環日食になります。

また皆既日食の時には幾つかの現象が見られます。

ダイヤモンドリング

太陽が完全に月に隠れる直前に、月の谷間から太陽のまばゆい光が輝くダイヤモンドリングと呼ばれる現象が見られます。

ガンダムで見た光景だぁ!」とかどうでもいいことを言ってみます(笑)

スンマセン

プロミネンス

ダイヤモンドリングと同時に太陽の外側のピンク色の層が見られます。

その層から立ち上る炎の柱をプロミネンスと呼びます。

ダイヤモンドリングとプロミネンスどちらを見るか迷いますね。

太陽コロナ

太陽が月に完全に隠れると太陽コロナという現象が見られます。

辺りは暗く神秘的なムードに。。とは言っても完全に真っ暗闇にはなりません。

それだけ太陽が明るいってことなんですね。

太陽のありがたみを感じることができますね。

皆既日食も金環日食も日本でお目にかかるのはまだまだ先になりそうです。

次回は金環日食が2030年6月1日、皆既日食は2035年9月2日になります。

楽しみですね。

勿論、来年2019年1月6日の部分日食も絶好の観測日和りで楽しみですね。

当日は晴れますように。

それでは今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。

スポンサーリンク
情報日常
matsutrendをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド探訪記

コメント

タイトルとURLをコピーしました