さくらももこ死去「さくらももこさんありがとうの会」参列者で垣間見れる交遊関係が凄かった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画

漫画「ちびまる子ちゃん」の作者さくらももこさんが乳ガンで亡くなられた事は皆さんの記憶に新しいと思いますが、

そんなさくらももこさんの死を偲んで「さくらももこさんありがとうの会」が東京港区の青山葬儀所で営まれました。

参列された方々も大物タレントや、歌手などそうそうたる顔ぶれでした。

そんな方々が生前のさくらももこさんとの思い出についてコメントされてたんで、紹介したいと思います。

出典元:twitterちびまる子ちゃん公式

スポンサーリンク

さくらももこ交遊関係がすごい!

さくらももこさんを偲んで行われた「さくらももこさんありがとうの会」ですが、参列者の中にはビートたけしさんや、和田アキ子さん、歌手の桑田佳祐さんなど芸能界の大物の方々の姿も

参列者の顔ぶれからもさくらももこさんが国民的な漫画家だったことが伺えますね。

桑田佳祐が語るテーマ曲にまつわるエピソード

会での献歌を担当した桑田佳祐さん「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマにもなっていた「100万年の幸せ!!」を歌い上げました。

曲にまつわるエピソードで、7年前に桑田さんの大ファンだったさくらももこさんからの手紙でテーマ曲を作って欲しいとオファーを受けたそうなんですが、

その手紙というのがタイトルと歌詞まで書かれてあって手紙を見た桑田さん「歌詞指定かよ!」と思ったそうです。

中々なハチャメチャっぷりを発揮されてたんですね(笑)

和田アキ子プライベートでは飲み友達

他にも、和田アキ子さんとの付き合いもあったようで「素晴らしき人よ」という曲でさくらももこさんが、作詞や、ジャケットのデザインもしたり

プライベートでも飲み友達だったようです。

和田アキ子さんの話によるとこれもまた意外にも和田さんより強かったし、帰らせてもらえなかったといったエピソードが飛び出しました。

さらに「年下なのに姉御肌」とも、

意外ですね。

ビートたけしさんとは、まだ漫才をやっていた頃からの追っかけで、フランス座にサインを貰いに行ったりしてたようです。

お笑い好きで人を笑わせるのも好きだったようです。

また、たけしさんがオールナイトニッポンのパーソナリティーを担当してた頃、さくらももこさんは、「ハガキ職人」として投稿していたこともあり、

それがきっかけでさくらももこさん自身もオールナイトニッポンのパーソナリティーを1年間務め、たけしさんのスタジオに遊びに来たりもしてたようです。

賀来千香子「人を笑わせるのが好きだった」

女優の賀来千香子さんは会で弔辞をのべ「エッセー「もものかんづめ」以来の付き合いでよく食事や家に遊びに行っては、

楽しく笑って過ごさせてもらった、まる子ちゃんそのものだった」と思い出を語っていました。

出典元:twitterちびまる子ちゃん公式

まとめ

姉が見ていてなんとなく見た「ちびまる子ちゃん」独特な世界観がある意味衝撃的でしたね(笑)

それが今や国民的漫画になって作者のさくらももこさんも、ちびまる子ちゃん同様あらゆる人達をハチャメチャな面白さで魅了していきました。

それは亡くなった後も変わらないんでしょうね。

さくらももこさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

それでは今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。

スポンサーリンク
漫画芸能
matsutrendをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド探訪記

コメント

タイトルとURLをコピーしました