サンリオピューロランド館長の小巻亜矢の経歴や仕事にかける思い 生き方とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
情報

10月に入ってだいぶ過ごしやすくなってきましたね。

ハロウィンも近いということでイベントもあちこちで開催されると思います。

テーマパークもそんな一つだと思いますが今回はその中でもサンリオピューロランド、いやサンリオピューロランドの館長を取り上げてみたいと思います。

多少、強引ですがそれだけ素敵な方だったのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

サンリオピューロランドの館長ってどんな人?

可愛いサンリオのキャラクターが集うピューロランドの館長って聞くと、どんな人か気になりますよね。
「やっぱりキティちゃんみたいな可愛い人なのかな」

とか考えつつ(笑)

調べたところ、あながち間違ってもなかったようです。

素敵な女性の館長さんで、小巻亜矢さんと言う方でした。

早速、ざっくりとしたプロフィールを

小巻亜矢プロフィール

小巻亜矢

生年月日 1959年

血液型  A型

出身地  東京都

小巻亜矢の大学卒業後の経歴

大学卒業後、1983年に株式会社サンリオに入社します。

結婚を機にサンリオを退職し、出産、子育てと順調な人生を歩んでいましたが、

次男の子が2歳の時事故で亡くなってしまいます。

また、別れた後も良い関係が続いているとの事ですが、

当時、旦那さんとの向き合い方も変わってきて離婚する形になってしまいます。

次男の息子さんを亡くして1年の間は無力感、絶望感から笑顔を無くしてしまったそうです。

そんな時、長男の息子さんの先生が「つくり笑顔でいいから、女優になりなさい」と言った事をきっかけに

少しづつ笑顔を取り戻します。

そして、笑顔を取り戻した30代後半で化粧品の仕事で社会復帰をします。

その時にいろいろな女性と出会う中で、女性が自立する為には、外見を化粧品でキレイにするのではなくメンタルのところから磨かなければいけない。

そのことを伝えるにはどうすれば良いのか模索する中で
キャリアカウンセリングや、コーチング、心理学などを学びます。

そして、2008年に女性が笑顔に「なる」なりたい自分に「なる」というような思いを込めて、

サンリオ内で「株式会社Nal」という会社を立ち上げます。

また、子供達の夢をいきいきと描く社会にしてい行こうという目的でNPO法人、

「ハロードリーム実行委員会」を設立します。

子育て支援や、子供の発達心理学をお母さん達にわかりやすく伝えていく子育てコミュニケーションを行いながら、現在47都道府県で展開しているようです。

2度のガンを乗り越える

そんな活動をする中で不幸にも乳ガンとその後しばらくして、子宮ガンに見舞われてしまいますが、彼女は生きる事を選択し、
女性のシンボルとも言える左胸と子宮を全摘出します。

とても勇気のいる決断だったと思います。

その経験をいかし同じような境遇で、決断をできず悩んでいる女性を後押ししたり、
子宮ガンを予防する為に病気の情報を正しく知ってもらう目的のプロジェクト「ハロースマイル」を2010年に立ち上げます。

そんな様々な人と接して活動をする中でふと、「周りの人を笑顔にするにはまず自分を好きにならなければ」と

自分と向き合い理解する事を目的に東京大学大学院に進学します。

そこで、「対話的自己論」自分の心の声を聞くという心理学を学びます。

私もこう言ったことに興味を持って自分で試したことあります。

勿論、本格的ではなく書籍を見ながら誰でも出来る簡単な方法をです。

つい話が脱線してしまいましたが、

その後、対話的自己論をライフワークにしようとしていた矢先の2014年に

サンリオピューロランドの館長の話が舞い込んで来ます。

スポンサーリンク

下火だったサンリオピューロランドをV字回復させる

関東近辺の方やサンリオ好きな方は行ったことがあるんじゃないでしょうか

私も20歳くらいのオープン間もない頃に一度だけ行ったことがあります。

そんなサンリオピューロランドに、小巻亜矢さんが就任された2014年頃は

コンテンツ面、サービス面、インフラ面、あらゆる面で、改善が必要な程、下火だったようです。

エンターテイメントの経験がない小巻さんは、何をしたら良いのか途方に暮れたとのことです。

そんな中、彼女はそれまで学んできた心理学やカウセリングの経験を活かし出来ることから手を付けていきました。

連携が取れず点だった部署を線として繋いでいく為に、

スタッフとの対話をする事でお互いを理解し会社として一つのイメージを共有することを目的として、

朝礼のシステムやスタッフのコスチュームを改善するなど

ちょっとした事を改善する中で、世界的な、「Kawaii (カワイイ)」カルチャーブームが後押しとなって徐々に経営が回復してきます。

そして、遂に今年は彼女の得意分野である、女性の自立に向けて女性社員の能力を最大限に引き出す運営システムをスタートさせます。

またもうひとつの手段で、こちらも得意分野になるのですが人の気持ち、つまり社員の気持ちに重きを置いた運営システムです。

小巻亜矢に関してのまとめ

今回、小巻亜矢さんについて調べて感じたのは女性だけでなく男性から、むしろ人間的に尊敬出来る考え方や生き方をなさってる方だと思いました。

自分が何をしたいのかわからない人なんか小巻さんの話を聞くと何か見つける事が出来るかもしれませんよ。

また、女性で同じ境遇の方にも凄く勇気を与えて貰えるのではないでしょうか。

経験をしたからこその深みと説得力があります。

私も見習って学びを広げたいとおもいました。

それでは今回も最後までお付き合い下さってありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました