スポンサーリンク
スポンサーリンク

列島各地で猛威を奮う大雨から見を守る対策や避難の目安を調べてみた

スポンサーリンク

この時期どうしても避けれないのが大雨ですが、

去年に続いて今年も九州や西日本の各地、更には東日本などの広い範囲で土砂災害や洪水に警戒が必要です。

こういった大雨から見を守るにはどうすれば良いのかまとめてみました。

※この記事は「まつたくログ」から「まぜログ」に引っ越して新たに追記して8月6日に再公開しました。

大雨から見を守る対策

  • テレビやラジオの気象情報などに注意する。
  • 普段の雨天時だけでも最悪の事態をイメージしておく(避難場所の確認など)
  • 土嚢の準備や日頃から排水溝を掃除して水の逃げ場を確保する
  • 最悪の場合を想定して懐中電灯や携帯ラジオ、非常食、飲料水、生活用水(浴槽に水を張っておく)を確保しておく
  • 浸水に備えて家財道具を高い場所に上げておく

大雨の際の避難の目安は

大雨の時、どの段階で避難をするか迷ってしまいそうですよね。

そういった時に役立ちそうなのが気象庁が提供する「土砂災害警戒判定メッシュ情報」です。

土砂災害危険区域判定メッシュ情報とは?

https://www.jma.go.jp/jp/doshamesh/m_index.html

気象庁:土砂災害危険区域判定メッシュ情報

今後の雨や雨雲の動き、土砂災害危険区域、洪水や浸水の状況等のデータも分かりやすく地図上に表示されてます。

過去6時間から現在までのデータや地図の縮尺も変えれます。

危険度も5段階で色分けされていて分かりやすいのではないでしょうか。

こういったデータを避難の際の判断基準にするのも良さそうですね。

あとは住んでいる自治体の提供する情報(ハザードマップ)や避難勧告もオーソドックスな判断材料になりますよね。

今回の大雨に関してのまとめ

今、現在も各地で大雨に警戒が続いている上、南方で台風8号も発生しているようなので気は抜けませんね。

まさに普段から気を抜かずと言うと疲れそうですが、「備えあれば憂い無し」と言うようにいざと言う時に備えて準備だけでもしておくと良いかも知れませんね。

西日本豪雨の支援先等

今回の西日本豪雨で被害に遭われた皆様に心からのお悔やみと、お見舞いを申し上げます。

支援先をまとめたこのようなサイトがあったので貼らせていただきます。

https://matome.naver.jp/m/odai/2153118064117408601

出典元:NAVERまとめ

それでは、今回も最後までお付き合い下さってありがとうございました。