スポンサーリンク
スポンサーリンク

地震の前兆?2018年東京湾でクジラの目撃情報が相次ぐ。南海トラフ地震との関連は?

スポンサーリンク

今、東京湾ではある現象が話題になっています。

ある現象とは今年6月に入ってから東京ゲートブリッジ周辺や海ほたるパーキングエリア付近の東京湾の北部の海域で、クジラの目撃情報が相次いているとの事です。

「凄い!これから東京湾でホエールウォッチングが出来る!新しい観光スポットだ!」

等と楽観的な考えをもってしまったのですが、そう言う問題でもなさそうです。

出典元:YouTube SankeiNews

※この記事は2018年8月4日に「まつたくログ」から「まぜログ」に引っ越しをした際リライトして再公開しました。

東京湾にクジラが迷い込んだ理由は?

今回、東京湾に迷いこんだクジラの種類は「ザトウクジラ」ではないかという事ですが

餌を求めて北上していたところ東京湾に迷いこんだという事です。

以前、東京湾に迷い込んだ「コククジラ」に関しての記事があったんで調べたところ

東京湾と言うのは潮の流れに対して湾口が開いているため潮の流れに乗ったクジラが迷い込みやすく

湾の奥は狭くなっている為一度迷い込むと仲々、湾の外に出れないという事です。

湾の入口は広く奥が狭いと言う2つの要素で今回の「ザトウクジラ」も東京湾を仲々離れられないのではないでしょうか。

参照元:いきもの通信

http://ikimonotuusin.com/doc/269.htm

クジラと南海トラフ地震の関連性は?

今回の「クジラの目撃騒動」ですが一部ネットの情報では「地震の前兆では?」と話題になっています。

確かに言われてみるとそんな気もしなくはないのですが

この件に関しても

クジラの生態に詳しい日本海洋大の中村玄助教に寄ると「クジラと地震の関係性を示す科学的な根拠は全くない」と強調している

引用元:カナロコ神奈川新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00027228-kana-l14

との事です。

しかし、フィリピン海プレートとユーラシアプレートの引っ張り合いは完全なる事実で、いずれ必ず地震は起きるのはわかってますから

安心していられませんね。

今のうちに出来る範囲の準備はしといた方が懸命ですね。

何か少し不安になったんで最後にホエールウォッチングスポットを

今回のまとめ

最初は「ホエールウォッチング出来る」

くらいの考えでしたが

多くの船舶が航行する東京湾はクジラにとっては住みやすい環境ではなくストレスを感じてしまうようですね。

因みに日本でホエールウォッチング出来るのは下記を参照していただけると良いのでは

https://www.kosodateiruka.com

参照元:子育てイルカが笛を吹く

船は必要ですが意外にもたくさんありますね。

今回のクジラ騒動、私達人間に出来ることは外洋に出るのをそっと見守ってあげる事しかできなそうですね。

最後までお付き合い下さってありがとうございます。

関連記事

ここ最近立て続けに地震が起きています。 大阪北部や北海道胆振東部など、そんな地震と関連して専門家の間やネット等でも度々話題に上がる「南海ト...