東京海上日動のCMの女優小川紗良はドラマ「まんぷく」でも話題だった!?どんな女優?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ

テレビのCMを見ていて、新垣結衣(あらがきゆい)さんみたいな可愛らしい女優さん出ていて気になったんで調べてみました。

森の中や険しい岩場を駆け上がり、山頂に到達した時の笑顔が、困難を乗り越え何かを成し遂げた達成感に満ち溢れてて素敵ですね

出典元:東京海上日動あんしん生命

そんな笑顔が爽やかな彼女は、小川紗良(おがわさら)さんという女優さんで

NHKの朝ドラ「まんぷく」では安藤サクラさん演じる福子(ふくこ)の娘の幸(さち)を演じて、

ドラマの終盤から登場したにも関わらず、可憐な演技でCM同様に視聴者の話題をさらっていきました。

そんな小川紗良さんのプロフィールがこちらになります。

小川紗良(おがわさら)

生年月日 1996/6/8 (記事作成時 23歳)

出身地 東京都

身長 159cm

職業 女優、 映画監督、文筆家

学歴 早稲田大学 文化構想学部卒業

所属事務所 ヒラタオフィス

趣味 ピアノ、トランペット、映像編集

23歳だったんですね~

CMで見たかんじは高校生でも通用しそうなくらい童顔ですね。

高校生時代に、高校生向け情報誌雑誌「HR」の専属モデルとして芸能界入をします。

その後2016年に映画「イノセント15」佐田成美(さたなるみ) 役で映画初主演を果たします。

イノセント15は異例のロングラン上映だったそうです。

その後の出演した映画「聖なる物」は賞を受賞してます。

映画と並行してドラマでもNHKの朝ドラ「まれ」に金沢からきた観光客というチョイ役ながら出演し、

その後は、「まんぷく」で短期間の出演ながら一気に知名度を上げてます。

きっとそれだけ小川紗良さんの演技に魅力があったんでしょうね。

スポンサーリンク

女優小川紗良は映画監督や文筆家としても凄い!?

小川紗良さん、雑誌の専属モデルとして活躍していた高校時代にドキュメンタリーを撮ったことをきっかけに、映像制作を始めます。

その後、早稲田大学在学中に映画監督として初の作品「あさつゆ」が、続く作品「BEATOPIA」「最期の星」も、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で3年連続で上映されてます。

「最後の星」は第40回ぴあフィルムフェスティバルコンペディション部門PFFアワード2018にも入選したりと監督としての才能を発揮されてます。

また、「あさつゆ」と「BEATPIA」では監督だけでなく脚本や編集さらに女優としても出演されてます。

どんだけ多才なんでしょう

大学時代に是枝裕和監督のもとで学んでいたというのもうなずけますね。

女優と映画監督だけでも凄いんですが、小川紗良さんには注目すべきもうひとつの才能があるんです。

それが、文筆家としての才能で雑誌やウェブなど数多くのメディアに掲載され

豪華執筆陣が名を連ねる『水道橋博士のメルマ旬報』で連載を持ったりと才能を発揮されてます。

もう、凄すぎて何も言えないっす(笑)

元々、幼い頃から人を楽しませるのが好きだったからこういったスタンスで仕事をしているそうです。

自身も幼いころから何かを作って人を楽しませるのが好きだったという。
「それこそ、自分で絵本を書いたり、歌を作ったり、祖母の家でいとこたちと演劇を披露したり……。高校から映像を、大学から映画に取り組みましたが、今もたぶん、その延長線上にいるんだと思います。も幼いころから何かを作って人を楽しませるのが好きだったという。
「それこそ、自分で絵本を書いたり、歌を作ったり、祖母の家でいとこたちと演劇を披露したり……。高校から映像を、大学から映画に取り組みましたが、今もたぶん、その延長線上にいるんだと思います。

参照元:週刊朝日

また、ドラマ「まんぷく」出演にまつわるこう言ったエピソードも。

上記の「祖母の家でいとこたちと演劇の練習をした」というエピソードにもあるように

幼い頃からおじいちゃん・おばあちゃん子だった小川紗良さんは小さい頃は勿論 、大学生になって映画制作を始めてからも祖父母がスタッフを家に泊めてくれたり

東京や、地方の映画館に足を運んで見にきてくれたり幼い頃同様に可愛がってくれていたそうです。

ところが2018年の夏に母方の祖父がガンになり助かりはしたものの、大切な人の存在は当たり前ではないということを肌で感じ
みんなが元気なうちにどうすれば、恩を返せるだろうかと考えるようになったそうです。

その時に真っ先に浮かんだのが、朝ドラで、実は一度だけ、ほんの一瞬だったが朝ドラに出たことがある。毎朝欠かさず朝ドラを見ている祖父母たちは、そのほんの一瞬を心から喜び、何度も何度も見てくれた。改めて、日本中の朝に行き届く朝ドラの力の大きさを思い知った。
朝ドラに出れば、離れて暮らす祖父母たちにテレビを通して「おはよう」が言える。わざわざ足を運んでもらわなくても、いつもの食卓で元気な姿を見せることができる。これが今の私にできる一番の恩返しだと思った。

引用、参照元:modelpress

と朝ドラ出演が恩返しになると何度も落ちたオーディションを恩返しの為に必死で勝ち取ったエピソードもあり、

才能だけではない、努力家の一面も垣間見れました。

という訳で、東京海上日動のCMの女優は小川紗良さんで、朝ドラ「まんぷく」の幸で話題の女優さんでした。

しかも、女優以外に自ら監督もこなしその上、文筆家の顔も持つ何ともマルチな女優さんの一方で大切な人や事の為に努力を惜しまない努力家であることもわかりました。

今後、女優としてはもちろん映画監督や作家さんとしてもブレイクしそうな予感ですね。

要注目です。

それでは今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。

CMやまんぷくで話題の小川紗良さんはガッキーに似ているのか幼少期の画像などから検証してみました。

東京海上日自動車保険あおり運転対策とは?

東京海上日動などが自動車保険であおり運転に対応した特約サービスを開始
東名高速での死亡事故や、つい先日の常磐自動車道での暴行事件のように、煽り運転による事件が問題になり、法律や、損害保険なども煽り運転抑止へ向けて対応が進められています。今回は、自動車保険の煽り運転対策がどんな内容か調べていこうと思...
スポンサーリンク
テレビ芸能
matsutrendをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド探訪記

コメント

タイトルとURLをコピーしました