(ラグビー)堀江翔太の髪型(ドレッド)は可愛い嫁の(友加里さん)と娘の愛情表現だった!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ

スコットランドとの接戦を制し初のベスト8に漕ぎ着けたラグビー日本代表チームですが、

キャプテンのリーチマイケル選手や強面の稲垣啓太(いながきけいた)選手、キッカーの田村優(たむらゆう)選手など個性的な選手が多いですよね。

その中でも強烈な個性を放ってるのが、ドレッドヘアーの堀江翔太(ほりえしょうた)選手じゃないでしょうか。(少しシーサーっぽい、別にディスってないですよ笑)

今回はそんな堀江翔太選手の髪型や可愛いと話題の妻の友加里(ゆかり)さんについて調査したいと思います。

最後までよろしくお願いします。

スポンサーリンク

堀江翔太のドレッドは嫁の友加里さんが編んでるって本当!?

ラグビー日本代表の中でもダントツの個性を放つ堀江翔太選手のドレッドヘアーですが、

噂では奥さんの友加里さんが編んでるそうです。

笑顔が可愛らしい奥さんですね。

果たして本当にそうなんでしょうか?

調べて行くととても素敵なエピソードがありました。

堀江選手と友加里さんは小学校からの幼なじみでそこから結婚に発展したと言うのが既に素敵な話なんですが、

お2人の間にはお子様が2人(女の子)がいて、ラグビーの選手として各地を遠征したり多忙な堀江選手、家に居れるのは年に数十日だそうです。

そんな堀江選手と2人の娘さん達が、少しでも一緒に仲良く過ごせるようにと友加里さんのアイデアで、ドレッドを編み込ませるようにしたんだそうですよ(感動!)

堀江選手のドレッドを編み込むのには5時間程要するそうで確かに良いスキンシップになりますね。

友加里さんも一緒にYouTubeなど見ながら編んだりしてるそうですよ。

なんか幸せな光景が浮かんできますね。

また、ドレッドだとスクラムで組み合った時に相手の選手が痛くて嫌がる事から機能性も兼ねてるみたいです。

元々はそれがきっかけで始めたのかも知れませんね。

そんな、仲良しなお2人ですが、出会いは小学校時代からとこれまた素敵なエピソードがあったんで調べてみたいと思います。

堀江翔太と友加里さん結婚までの馴れ初めは?

という訳で本題から少し逸れてはしまいますが、調べて行きます。

お2人は大阪の吹田市立千里新田小学校の同級生で小学1年の頃に奥さんの友加里さんがイギリスからの帰国子女として転入してきます。

出会いは小学1年生だった訳ですね。

小1と言えば帰国子女で英語しか話せない友加里さんも周りの生徒にしてみてもお互いに少し怖い存在だったと思います。

そんな事もあり、誰とも話せず孤立していた友加里さんに「帰る方向一緒だからと」声をかけたのが堀江選手だったそうです。

そりゃ惚れてまうやろー!

ですよ。(少し懐かしい)

お互いに惹かれ合って、その頃から結婚前提で付き合い始めたのかも知れませんね。

その後、中学も同じ吹田市立南中学校に通います。その後も2人は仲を深めながら、2012年にはめでたく結婚されます。

その後2014年に長女の美乃(よしの)ちゃんが生まれ、現在は妹の香乃(かやの)ちゃんも誕生してます。

2015年には椎間板ヘルニアで、左手の握力が低下するアクシデントに見舞われますが、奥さんの友加里さんや娘さん達の支えで2ヶ月程で試合に復帰します。

本当に家族の愛情を感じさせるエピソードが満載ですよね。

理想の家族だと思います。

堀江翔太選手、これからも家族や仲間たちの愛情に支えられ活躍されることでしょう。

という訳で、ラグビーの堀江翔太選手のドレッドの秘密やそれに纏わるご家族のエピソードを記事にさせていただきました。

最後までお付き合いくださってありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました