映画「ダンスウィズミー」キャストに三吉彩花やchayが選ばれた理由は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画

8/16(金)~公開の映画「ダンスウィズミー」監督は、矢口史靖(やぐちしのぶ)監督で、

「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」が有名です。

なるほど、ダンスウィズミーもどことなく共通点ありますね。

主人公が、とある日催眠術にかかり音楽を聴くと体が勝手に反応して踊ったり歌ったりしてしまうOL鈴木静香(すずきしずか)
鈴木静香(すずきしずか)で、

催眠術を解いて貰うために術師の元を訪ねるも行方をくらましてる為、その体質のまま全国を旅する羽目に!

と言うなんとも有り得ないシチュエーションの映画で、ミュージカルと笑いの要素をミックスした作品です。

スポンサーリンク

「ダンスウィズミー」キャストに三吉彩花やchayが選ばれた理由は?

ヒロインを演じるのは三吉彩花さんで元々アイドルグループの「さくら学院」出身で現在はモデルや女優としても活躍されてますね。

演技の方は、子供の頃からモデルと並行して子役としても活躍していて、賞も受賞されてたりと演技には定評ありそうです。

出演作に、ドラマ「金田一少年の事件簿」や「GTO」映画「いぬやしき」などがあります。

この作品のもうひとつの話題として、シンガーのchayさんが女優デビューも注目されてます。

ストリートミュージシャンの山本洋子(やまもとようこ)役での出演ですね。

シンガーやモデルとして活躍しつつ「テラスハウス」にも出演されてた経験もあり

この作品の演技が評価されれば今後、女優としても活躍されるんでしょうね。

映画のサントラにも参加、「ウエディング・ベル」を歌ってます。

今回、見事主演を勝ち取った三吉彩花さんは、500人のオーディションの中から選ばれました。

撮影前の2ヶ月で歌とダンスの猛練習をしたそうです。

また、こんなエピソードも

「主演だし、監督のファンが楽しみにしている期待値も全部プレッシャーに変わって5、6回体調を崩した。何回も泣きました」

と言うように、プレッシャーも相当なものだったと思われます。

オーディションを受けた直後も監督の様子からどう思ってるのか分からず、まさか受かるとは思ってなかったそうです。

監督が三吉彩花さんを選んだ理由は

歌ってよし、踊ってよし、演技もできる。そして主人公のキャラクターにピタリとはまる女優。そんな人を探して果てしないオーディションを繰り返しました。「もしかしたら日本にはいないんじゃないか」と諦めかけた時、三吉さんに会えた。宝物を発見したような感覚でした。

と言う、三吉彩花さんの思いとは裏腹に監督の心を射止めてた訳ですね。

強い思いでプレッシャーを跳ね除けて努力してきたことが伝わったんでしょうね。

女優、初挑戦のchayさんはオーディションの課題曲が「あなたに恋をしてみました」と言う自身の持ち歌でもあった為

声が掛かり

「監督に演技は初経験なので難しいけど、歌だけは歌えますと伝えて。課題曲であるSugarの『ウェディング・ベル』と大好きなシンディ・ローパーの『トゥルー・カラーズ』を歌いました」

とオーディション自体は比較的すんなりと合格したようです。

以前、ストリートでの弾き語りなどの経験もあるchayさんは、今回の役は自然な演技ができるハマり役かも知れませんね。

注目すべきは、結婚式でシャウトするシーンがあり叫ぶことが苦手なchayさんに監督が叫ぶレッスンをしたと言うエピソードも

監督に「叫びレッスン」をしていただきました。スタッフ5、6人で円になって「暑いんだよー!」とか「冷やし中華食いてー!」とか他愛もないことを順番に叫んでいって、最後に私が台詞を叫ぶっていう練習なんですけれど、それをやったらずいぶん叫べるようになりました。

という事で、この作品はchayさんの新境地開拓にもなりそうです。

歌でシャウト!

なんてないでしょうね(笑)

三吉彩花さんchayさんの他にもムロツヨシさん、三浦貴大さん、芸人のやしろ優さんなど個性的な顔ぶれで、楽しみですね。

お盆休みの観たい候補のひとつになりました。

という訳で、映画「ダンスウィズミー」のキャスト三吉彩花さん、chayさんが起用された理由を記事にしてみました。

今回も最後までお付き合いくださってありがとうございます。

出典元、引用元:otocoto、映画.com、modelpress、TVLIFE Web、YouTubeワーナーブラザース公式チャンネル

chayさんが出演したテラスハウスなどドラマや映画のオススメ動画配信サービスはU-NEXT、まずは31日間の無理トライアル

タイトルとURLをコピーしました